2008年02月08日

倖田來未のその後は・・・。

ラジオ番組での「暴言」で、CM中止やテレビ番組での涙もうやだ〜(悲しい顔)ながらの謝罪にまで追い込まれた歌手の倖田來未。



★倖田來未の涙


ネット上では、マスコミに先んじて騒動になっており、これがスポンサー企業の「自粛」につながったといった見方も出ている。そんな中、コラムニストの勝谷誠彦さんが


「ネットでバッシング煽るバカがいる」という発言をテレビで繰り返し、またネット上で新たな騒ぎどんっ(衝撃)になっている。

「ブログの炎上とかある種のイジメだと思います」

勝谷誠彦は「倖田騒動」をイジメと批判している(日本テレビ「スッキリ!!」より) 歌手カラオケの倖田來未さんがラジオ番組で「35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる」などと発言したことを受けてから、キリンビールはチューハイバー
★氷結のCM
・広告を自粛
コーセーも同社ブランドアート
★「VISSE」
のサイトを閉鎖し、今後のCM起用についても見合わせた。
ホンダの軽自動車車(セダン)
★「ZEST」の特設サイトも閉鎖され、
2月7日に放送予定だったテレビ朝日系番組「徹子の部屋」映画でも出演者が急きょ変更されたんですよね。
本格派メニュー!え?各メニュー390kcal以下♪

発言は「2ちゃんねる」でも反響を呼んでいる。「最近過剰反応しすぎだよな」「客観的に見て、こいつの言ってることは正論だと思う」「勝谷は正しいな。2ちゃんのバッシングは叩きたいだけの悪意だけだからね」といった勝谷さんに賛成する意見も少なくない。

ただ、

「俺も個人的にはこのバッシングは異常だと思ってるけど企業からしたら最優先されるのは顧客のイメージなわけでどんなおかしいバッシングだろうと悪いイメージが付いた以上撤退は当然の選択だろう」
「勝谷は沢尻をボロクソに言っててシメルとまで言ってたよな…倖田の場合は叩く奴がおかしくて、沢尻の場合は世間と同じように自分も叩いても良いとのか?」
といった批判的な意見もやはり多くあり、賛否両論といったところです。
今一番売れているコスメって?クチコミも同時にチェック!
私も、発言はどうして?と思うところがあるけど、
周囲はやりすぎのような気がする。たらーっ(汗)

各種のメディアに出る人は、一般の人よりも注目されてますよね。
その分、反響も大きいんでしょう。
 あとは、各メディアが面白いこと、過激なことを求める場合もあって
どんどん刺激的になっている場合があると考えられますよね。
 需要と供給というんでしょうかね。
 いいことをしたときに、ほめられて注目を浴びるということは少ないかもしれないけど、失敗したときの対応って、失敗した内容、その後の対応など、いろんなところに飛び火することもありますよね。
 
 





posted by 芸能ウオッチャー at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。